兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 広げよう夢、伝えよう私たちの心、あなたの声を県政に。淡路島・洲本市
兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 広げよう夢、伝えよう私たちの心、あなたの声を県政に。
プロフィール 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 思い 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 活動日誌 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 政策 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 動画活動記録 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 講演会入会 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 県政リポート 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト 写真館 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト リンク 兵庫県議会議員 浜田知昭 オフィシャルサイト

第332回 定例兵庫県議会・一般質問

平成28年6月8日に行われました第332回兵庫県議会・一般質問をご報告させていただきます。



故郷の誇りを磨き、淡路をもっと元気に

第332回定例県議会 一般質問に登壇 (2016年6月8日)

◇「日本遺産」認定好機に地域活性化・国生み島のストーリー内外に発信


【浜田】
淡路島の「古事記の冒頭を飾る、国生みの島・淡路、古代国家を支えた海人の営み」が文化庁の日本遺産に認定された。
これを生かせば、地域住民のアイデンティティの再認識や地域のブランド化等地域創生にも大いに貢献出来る
まず大切な事は、淡路の文化、伝統を語るストーリーを体験出来る、或は実感出来る事。これからがスタートの時で有り
今後、日本遺産認定を受けた淡路島のストーリーを淡路地域の活性化にどう活用していくのか、兵庫県の役割や今後の展開方策を伺う

【井戸知事】
松帆の銅鐸や伊弉諾神宮、洲本の街並み、温泉、明石海峡大橋、鳴門大橋、安藤建築物等を生かし、多言語ホームページやイメージ映像を作成し、島内外に情報発信する。更に島民向けの普及啓発や解説板装置など、来島者授乳環境を整備する。
会いたい兵庫キャンペーン等全国プロモーションにも活用する。これらによりツーリズムの拡大や外国人観光客の誘致を図り地域活性化に繋ぐ。

◇淡路の魅力活かし外国人観光客アップ

【浜田】
兵庫県に来訪する外国人観光客の数は増えているが、恐らく淡路地域への増加率は低いと思われる。
そこで日本遺産の認定後の取り組みを踏まえ、淡路地域への外国人観光客誘致について、今後どう進めるのか。

【産業労働部長】
外国人観光客に人気が高い神戸や姫路と淡路島を結ぶ広域観光商品の開発を旅行エージェントに促すと共に、淡路島を多ずれる外国人旅行者の実態の把握にも努め
効果的な誘客促進策を探る。淡路には日本遺産認定等、歴史・伝統文化に加え食材、洲本温泉等が有る。
淡路ならではの多様な観光資源を生かし、地元の3市や観光関連団体と連携を図りながら、誘致に取り込む。



◇但馬牛の効果的な増頭対策図れ

【浜田】
淡路島県民局では今年度、工作放棄地に淡路和牛を放牧し、田の雑草を牛に食べて貰う「舌苅り」の取り込みをモデル実施する。
これによって牛の飼料代が安くなると共に里山の整備、さらには、耕作放棄地の管理労力が滅少でき
放棄地の拡大防止にも繋がると言った一石三鳥にも四鳥にもなる事業だと思う。一年間の実証実験が上手く行けば、全島に広げて行こうとしているが
全県にドンドン広げ、但馬牛の増頭、耕作放棄地の拡大防止に繋げて行くべき。

【農政環境部長】
淡路市内の耕作放棄地3地区に置いて、集落営農組織等が但馬牛を借り受けて放牧を行うもの。耕作放棄地の解消だけでは無く。
牛舎の空きスペースが確保でき、但馬牛の増頭も期待出来る。一方で耕作放棄地のの貸し借りや隣接する地権者の同意
牛の管理者の確保等の課題が有る。淡路の事例をモデルに検証しながら、今後、県内全域に広めて行きたい。



◇持続性ある漁業生産で浜に活気を

【浜田】
持続性の有る漁業生産を実現し、浜の活気を取り戻す為には、新規漁業就業者の確保が重要で有る。この為漁業に縁のない若者や女性に門戸を開き
将来に希望を持てる収入の確保が必要で有る。そこで新地漁業就業者確保や、漁業就業者の収入増加に向けた取組や女性の活躍について今後の展開策を伺う。

【農政環境部長】
複合経営化や6次産業化や6次産業化を目指す漁業就業者ステップアップ研修の開催、漁船等貸与制度による
新地就業者の負担を軽滅している。総菜販売業等で女性の活躍の場が広がっており、機器導入の支援などを行っている総合的展開により収益性の高い産業へと育成する。



◇『国民健康・保険新制度 導入へ市長支援が重要』

【浜田】
平成30年度から国民健康保険事業の財政運営が市町から都道府県に移行する。
その他の保険料の賦課徴収、資格管理、保険給付、保険事業などは、従来通り市町が担うとされている、円滑な導入へ市町ごとの納付金を早く決定し
標準保険料率を算定、提示する事が急がれる。又、制度の将来的な方向性についての所見は。

【井戸知事】
県と市町等から構成する国民健康保険連絡協議会で検討している。
市町ごとの納付金の算定額は協議結果を踏まえ、県としての運営方針も定め
今年の年末を目途に情報提供していこうと作業を進めている。将来的には、同一所得、同一保険料の給付水準と保険料水準の統一を目指していきたいと
考えている。しかしハードルは非常に高く、今後ともの支援をお願いしたい。

 

第332回 定例兵庫県議会・一般質問第332回 定例兵庫県議会・一般質問

浜田知昭公式Facebook
浜田知昭公式Twtter
浜田知昭公式Youtube
ボランティアスタッフ募集

自民ショップ

自由民主党のコンテンツ

プロフィール/思い/活動日誌/政策/YouTube/講演会入会/県政リポート/写真館/リンク

Copyright 2014-2017 Hamda Tomoaki All rights reserved.

兵庫県議会議員 浜田知昭事務所

〒656-0025 〒656-0025 洲本市本町 4丁目3-12 TEL(0799)23-0030/FAX(0799)23-0032